【コツ】カラオケで高得点を狙うには?ちょっと練習して高得点を狙ってみよう【攻略】

先日、久しぶりにカラオケに行きました。
元々歌うことが大好きなのですが、久しく足が遠のいていました。
やっぱり思いっきり歌えるって、気持ち良いですね。
今回カラオケの採点機能で遊んだのですが、得意な曲で上手く歌えたのに意外と得点が伸びなかったり、逆に思ったより高得点だったり、なにかコツがあるのでしょうか。
そこで、カラオケ採点機能を攻略するには、どうすればよいのか調べてみました。

【機械に気に入られること】
まず、確実に言えることは、相手は機械だということです。
どれだけ上手に歌い上げても、皆が感動するほど感情がこもっていても、得点が伸びないことは充分あり得ます。
なぜなら、人が聴いて心地よい歌より、機械が気に入る歌を歌わなくてはならないからです。
カラオケの機種によって採点方法が違いますが、共通している項目は、音程、安定性、そして表現力です。
機械に気に入られるためには、ある程度機械的に歌う必要がありますが、だからといって音程を合わせて平坦に歌えば得点が伸びると言うわけでもないです。
高得点を取るには、ある程度技術が必要になってくるようです。
では、具体的な技術について1つずつ見ていきましょう。

【音程】
採点で大きな比重を占めるのが、音程です。
プロであっても少々音程が低くなったり、高くなったりして、外すのは当たり前ですので、一音違わず音程をピッタリ合わせて歌うのは、相当高度な技術になります。
そこで、音程を目で確認できる機能をオンにして、歌っている最中に画面に表示される音程を確認しましょう。
正しい音程と自分が歌っている音程が比較できるので カラオケのガイドメロディー通りに歌う練習をします。
アーティストの歌い方を真似て歌っても、ガイドメロディーと合っていない事がしばしばあります。
歌う練習も大事なのですが、その前にガイドメロディーをよく聴いて、それを覚えて同じように歌うことが、音程で得点を伸ばすポイントです。

【安定性】
安定性は、全体を通して歌声が安定しているかという点です。
始めは頑張って声を張っていたけれど、後半は力尽きたりすると、高得点につながりません。
そこで行いたいのが、歌う前の発声練習です。
遠くにいる人に聞こえるように「はーい」と返事をする時の発声こそが、歌うときに大事な安定した声だといわれます。
遠くに声を響かせる気持ちで「あー」と声を出してみましょう。
唇をブルブル振るわせたり、巻き舌を長く続けたりすると、余計な力が抜けて、よい声が出るようになります。

【表現力】
表現力は、ビブラートやロングトーン、抑揚などの細かい技術がここに含まれます。
ビブラートは無理にかけなくても、ほかの部分で点数はとれます。
ビブラートをかけられる人は、存分に力を発揮しましょう。
大事にしたいのは、語尾の部分です。
音を長く伸ばすときに、音が揺れてしまわないよう、同じ音程を保って丁寧に歌うようにすると加点されます。
相手が機械だからといって、抑揚のない歌い方では得点につながりません。
低音やメロは小さめに、高音やサビは大きめに、というのがよくいわれることですが、このようにすれば得点になるという単純なものでもなさそうです。
ここは、聞き手が心地よい歌い方を意識してもよいのではないかと思います。

たかがカラオケですが、採点はとても奥が深いです。
つまり、追求し始めると奥が深いのがカラオケということですね。
まずは採点機能の癖をよく知って、高得点の出やすい歌を見つけてみましょう。

40代女性

⇒ 「高麗美人 副作用