【炎上】好きなスターが好きじゃなくなる過程。【ニュース】

大好きなスターが捕まってしまった。
本当に大好きだった。

とあるドラマがきっかけで、知ったスターの彼。そのドラマは何度もリピートして、外国の言葉なのに、セリフまで言えるようになった。

日本でツアーをする時には追いかけ、出すDVD、CDは保存用と鑑賞用で2枚は購入。部屋はポスターだらけ。

私の生活は彼のおかげで輝いていた。あの時代、私は間違いなく旦那よりも彼を愛していた。

彼は遠い海の向こうの人。海を眺めながら、飛んでいく飛行機を見つめながら、彼を思った。

そんな彼が罪を犯した。大スターだった為、ニュースは世界中を駆け巡った。

荒れるSNS、大激震のファンサイト。

彼を盲目に信じるファン。彼を悪魔のように罵るマスコミ。私は信じられない気持ちで、動向を見守った。

実は誤報でした!というオチを期待しながら。しかし、たたけば出てくるのか、ホコリが次々に舞い上がる。

彼はファンの前では誠実な人だった。演技をもっとやりたい。ファンに楽しんでもらえるようにもっとがんばる。

とても素直な良い青年のハズだった。なぜそんなことになってしまったのか。彼の周りの人達はいったい何をしていたのか。彼に何があってそんなことをしてしまったのか。

彼のことだからきっと事情があったにちがいない。

そんなに直ぐに嫌いになんかなれない。むしろ、まだ好きだった。何故ならば彼がやってないと主張しているから。ファンだから信じようとした。

そんな中、まさかの電撃婚約報道。こらで少し、覚めてきた。それでも本人の口から真実を聞くまでは!と、まだ半信半疑。

そう言えば彼は言っていた。愛する人ができたら、隠れなどせず、公開恋愛したいと。

公開恋愛。
これはファンにとって公開処刑である。

彼が彼女と抱き合っている写真を見て、私の中の彼への想いが消えてしまった。

彼は人間だった。
私は実は妖精なんじゃないかと思っていたんだと思う。

スターだって生きている。結婚だってしたいハズだ。したきゃすればいい。でも、やっぱり見たくなかった。他の女を抱き寄せている彼なんか、私の好きな彼じゃない。

隠れていて欲しかった。見せないで欲しかった。言葉だけでの報告で良かったのに。

自分は結婚していてなんなんだが。

私の人生で1番綺麗だった夢は覚めてさしまったけれど、
嫌いになった訳ではない。

幸せになればいい。
彼が幸せならそれでいいかと、ニュースも見なくなり、ネットでも見かけなくなったころ、

なんだかまた彼が警察のご厄介になったらしいと友人が教えてくれた。

どうか大好きだった彼がせめて健康で生きていけますようにと、今は願うばかりである。

40代女性